AGAと男性ホルモンの関係について大阪で語る

一般に病気は原因が究明されれば、治療方法も劇的に改善されることが多いと大阪でも言われます。
原因がわかれば、それを防ぐことで予防の効果もあがりますし、治療薬の開発にしても、メカニズムがわかれば効果的な方法が見つかるからです。
ではAGAに関してはどうかというと、その発症メカニズムと、その後の経過に関しては、まだ完全には解明されていません。
これが解明されれば、予防や治療に関して、大きく前進すると思われます。

だから、専門の研究者によって、解明が進むことが期待されます。
でも、これまでの研究成果によって、AGAを引き起こす原因もある程度はつかめてきています。
その原因としては遺伝の他に男性ホルモンが影響していることが確実視されています。
男性ホルモンにはいくつかの物質がありますが、特にAGAに深くかかわっているとされているのはジヒドロテストステロンという物質です。
こうした原因物質が特定されているわけですから、今後の解明は早期に進むのではないかと多くの大阪AGA罹患者は期待しています。

大阪 AGAの参照サイト:http://xn--aga-jk4buiz50ruyhco1k.net/

AGAの進行を抑える対策をしましょう

AGAとは男性型脱毛症のことを言います。成人男性に見られる薄毛の状態で、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなってしまいます。遺伝や男性ホルモンの影響が原因とされており、AGAがはじまるとゆっくり進行していってしまいます。しかし毛包が残っていれば、髪が太くなる可能性があるので、進行を抑える対策をしていきましょう。

日常生活の中で、髪に良い習慣を取りいれていくことが大切です。髪への栄養素が不足してしまうと脱毛が発生しやすくなると言われています。まずは食生活を改善していきましょう。肝機能や消化器系の働きが低下してしまうのも薄毛を進行させてしまうので、バランスの良い食事を摂取することが大切です。髪にはたんぱく質や亜鉛などが良いと言われているので、納豆や豆腐などの大豆類、鮭や鯖、サンマ、牡蠣などの魚貝類、ひじきやわかめなどの海藻類を食事で摂るようにしましょう。血行や新陳代謝改善にはレバーやにんじん、ほうれん草などが良いとされています。

後は頭皮の血行を良くするために、頭皮マッサージやスカルプケアができるシャンプーを使用して血行を促進させることでAGAの進行を抑えることができます。

喫煙や睡眠不足、ストレス、過度な飲酒などは髪へ悪影響を与えてしまいます。それらを改善できる生活リズムを作っていくことも、AGAを進行さえないポイントになるでしょう。